美肌は一日では作れない!肌に合ったスキンケアアイテムを使おう

記事リスト

正しいステップ

レディ

基礎化粧品の使い方

ニキビや吹き出物などのトラブルを防いで乾燥に強い肌を作るためには、正しいステップを踏んでスキンケアをすることが大切です。クレンジングまたは洗顔をしてから化粧水をつけて、化粧水のあとに美容液または乳液をつけるのが基本的なステップです。化粧水は皮膚表面にある角質層を水分で柔らかくして、肌を保湿するためにつけるスキンケア化粧品です。必ずクレンジングや洗顔をして毛穴に詰まった汚れや汗などをしっかり取ってからつけることが大切です。化粧水のつけかたにはコットンか手のひらがあります。コットンでつける場合は肌にコットン繊維が残ることがあるので、強くパッティングするのは禁物です。500円硬貨サイズを手のひらにとってからつけると、手のひらの温度で浸透しやすくなります。スキンケアにプラスしてエイジングケアをしているなら、美容液は化粧水のあとにつけます。美容液はエイジングケア成分を配合しているスキンケア化粧品です。化粧水で角質を柔軟化したあとに美容液をつけるとよく浸透してエイジングケア効果がアップします。化粧水と美容液をつけたあと、最後の仕上げとして乳液またはクリームをつけます。エイジングケアをしていないなら、美容液はカットして化粧水と乳液だけでも十分です。油分がメインの乳液やクリームには、化粧水や美容液の保湿効果を高め、乾燥を予防する効果があります。このように基礎化粧品を正しく使えば、肌のキメが整ってきます。

Copyright© 2018 美肌は一日では作れない!肌に合ったスキンケアアイテムを使おう All Rights Reserved.